ABOUT

  • 金井 政人 -Masato Kanai-(vocal/guitar) instagram note
  • 柿沼 広也 -Hiroya Kakinuma-(guitar/vocal) instagram
  • 安井 英人 -Hideto Yasui-(bass) instagram instagram
  • 東出 真緒 -Mao Higashide-(violin/keyboard/chorus) instagram
  • Bucket Banquet Bis (drums) instagram twitter instagram

<PROMISE>

唯一無二のライブバンドであるために

永く愛されるために、永く愛し続ける

classicの楽曲をモチーフにした”Roclassick”シリーズの製作を通じて永く愛され続ける音楽の偉大さに尊敬の念が絶えません。
10年先も100年先も持続的に、愛される音楽を追求し、バンド活動を心懸けたいと思います。
また、それと併せて、これまでの、そしてこれからの楽曲をはじめとしたひとつひとつの創作物に対しても、 大切に永く愛し続ける努力をしていきたいと考えています。

あなたの全てにYES

あらゆる生き方を尊重し、あらゆる音楽の楽しみ方を想定し、あらゆる可能性を模索しながら、
ライブハウス、ホール、野外、どこでも、どんな形態でも、どこから見ても楽しめる、全方位型のライブバンドを目指します。

SPECIALSな関係を目指して

ファンの皆さんは勿論のこと、スタッフや、仲間のミュージシャンたちの存在があってこそ、今の自分たちがあります。
縁を大切に、恩を忘れずに。
時に寄り添い、時に高め合いながら、当たり前のように、それでいて特別な関係を築き続けていきたいと思います。


MAMAPEDIA

バイオリニストとバケツのいる唯一無二5人組のロックバンド。 2002年 都内某高校にて金井・柿沼を含む同級生を中心に結成。 2003年「YELLOWCARD」に憧れ、ヴァイオリニストを加えた5人組の編成となり、BIGMAMAと名乗り始める。 (名前の由来は金井の自転車にBigmamaという名のステッカーが貼ってあったところに由来するが、正直言ったところでさほど盛り上がる話題ではないのであまり説明したがらない様子) 一同大学へ進学し、学業と並行しながら音楽活動をするうちにレーベルの目に留まり、2006年7月にCDデビュー。 新人としては異例のセールスを記録するも、その2ヶ月後、9月に行われたSHIBUYA-AX、八王子MATCH VOXでのライヴ以降、 就職か音楽か、葛藤の末、就職を選んだGt、violinの脱退により活動休止。デビュー後、最速の活動休止として一部の方の記憶の片隅に名を刻む。 2007年 2月、恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたイベントにて新メンバーとして、 同級生でひたすらバンド運に恵まれなかった男、安井英人(bass)と、 神戸のライブハウスで働いていた東出真緒(violin)を半ば強引に上京させ迎える。 その後、国内外の数々のロックフェスに出演。 2017年に初の日本武道館公演をソールドアウト。 これまで8枚のオリジナルアルバム、24枚のシングルをリリース。 またロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」を三部作で発表するなど、 日本のロックシーンの中で、確かな存在感を示しながら、我が道を行く。 2020年 創設時のオリジナルメンバーの脱退の窮地に、バケツドラマーことBucket Banquet Bisが颯爽と現れる。 おおよそ1年間のサポート期間を経て2021年母の日、正式メンバーとして加入。 バンド名にちなんで毎年”母の日”に特別なイベントを開催している。